求める学生像

電気工学科では、電気、電子、制御、通信・情報など電気全般について学び、これらの分野に対応できる電気技術者になるための勉強をします。

本学科では次のような人を求めています。

  • 電気に関わる分野に関心を持っている人
  • 電力や通信など社会基盤を作る技術者になりたい人
  • 情報や電子デバイスなど先端技術にチャレンジしたい人

宇部高専・電気工学科とは

電気工学科では、最近のめざましい技術革新に対応でき、しかも、即戦力になれるような技術者の養成をするため、電気・電子全般の講義は勿論のこと、 工学実験や卒業研究などの個人指導にも重点をおいた教育を行っています。

授業科目は高専の特長を生かした5年間一貫教育で、低学年では一般教養科目が多く、 高学年では電気の専門科目が多くなるようくさび形積上げ方式による教育を行っています。 電力工学関連科目では、電気主任技術者免状取得に必要な全ての科目を網羅しています。 また電子情報関連科目として、電子回路、コンピュータのハードウェアとソフトウェア、 電子材料・デバイス、通信工学などの方面にも一段と力を注いでいます。

次に理論と実際の対応を実感として身につけさせるために、実験実習は各専門科目について行っています。 また、最近はどの分野においても、研究、設計、管理などにコンピュータが不可欠なので、どんなコンピュータでも駆使できるよう低学年から講義や実習に多くの時間を割いています。

卒業研究はできるだけ進路に応じたテーマを選択させ、各教員の指導のもとに充分な時間をとって研究を行っています。

電気工学科について、詳しくはこちら


Page Top